いろいろな切除のかたち

切除法では、刺青部分の皮膚を切り取って周囲の皮膚を伸ばして縫い合わせ、タトゥーを除去します。そのため、縫い目が傷跡となって残ってしまいます。
一般には、一本の線が傷となって残るイメージを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は必ずしもそうとは限りません。刺青の切り取り方によって、縫い目が変わってくるのです。
刺青の切除で一般的に行われるのは「紡錘形切除」という方法です。この場合、刺青を囲むように皮膚を紡錘型に切って両端を縫いあわせますので、傷は一本線になります。しかし直線の傷跡は、つっぱり感や違和感が出たり、傷跡が盛り上がってケロイド状などの状態になりがちです。
そのため、クリニックの中にはあえて直線には切り取らないというところもあります。方法としては、刺青の形状にそってウェーブ状に切り取る方法や、ほぼ刺青のかたち通りに忠実に切り取るジグザグ切除法などがあります。
例えば、ジグザグ切除法と言われる手法では、わざと刺青の形状に添って直線ではなくジグザグに切除していきます。こうすると緩衝作用が生まれて、張力を分散・吸収してくれるので、ケロイドやひきつれを起こしにくくなって、さらにはぼかし効果で傷跡が目立ちにくくなります。また、紡錘形切除に比べて切除する面積を最小限に抑え、正常な皮膚を極力残すことができます。これも、ケロイドなどを防いで傷を美しくすることにつながります。
このように一口に切除法と言ってもいろいろな方法がありますので、よくよく調べてみてください!